交通事故のケガで整骨院に通う準備

こんばんは^^
茨木市の骨盤矯正と美容鍼の整骨院。
アズ鍼灸整骨院のYAMATOです。
当院では、交通事故の施術や手続きに精通した専門知識を持ったスタッフが常駐し、交通事故に遭われた方の腰痛やむち打ちなどの辛い症状のケアをいたします。
お困りのことがありましたら、相談だけでも大丈夫ですのでお気軽にご質問ください!!

今回は、交通事故の自賠責保険(自動車保険)を利用して整骨院に通院するための方法と準備についての記事です。

交通事故のケガで整骨院に通う為にはいくつかの手続きが必要になります。

手続きその1。
・警察に交通事故の届けを出して事故証明をもらう。
・加入している自動車保険の会社に連絡をする。
・体に異常が無くても必ず相手の連絡先を確認する。
これについては、事故が起こったときに皆さん必ずしている手続きなので大丈夫だと思います。できれば事故証明のコピーを取って保管しておくと後で役に立つこともあるかもしれません。もうひとつは、自分に過失が無くてもご自身の保険会社にも連絡しておく方が良いと思います。

手続きその2。
・病院で診察してもらう
交通事故に遭ってしまった時は、気が動転してしまい「痛みや不調がわからない」事が多くあります。数日後に思いもよらない箇所がだるくなったり、痛みを感じたりすることが多いのです。
もし、事故の時にわずかでも痛みや違和感を感じたら必ず病院で診察をうけましょう!さらに、最初に病院で診察を受ける時には「痛みや違和感のある部分は全て伝えましょう」。後日痛みや不調が出た時に最初から訴えていれば事故のケガとして認めてもらえるこ場合もあります。
逆に最初に訴えておかないと「日常生活での痛み」と言われてしまう事も。
さらに後日、交通事故について相手方と話し合いをする際にケガの証拠として見られるのは初診時の「医師の診断書」ですのでしっかりを体の状況を伝えてきちんとした診断書を書いてもらいましょう。
※できれば、診断書の内容は警察や保険会社さんに出す前に自分でも確認しましょう。
※整骨院の先生の診断書(施術証明書)は、法律的には医師の診断書とは別のものです。実際の手続きで使用されるのは医師の診断書なので、こちらもコピーを取っておくほうが良いと思います。

手続きその3。
お電話でOKなので、保険会社さんに整骨院に通院する事を伝えましょう。
※保険会社さんが、「病院にしてください」などと言われる事がありますが、通院する施設は基本的に患者さんが選べます。
(自分の体を任せる施設なので当然ですが・・・)
骨折と脱臼以外のケガの施術については、医師の許可も法律上は必要ありません。どうしてもダメだという場合はその理由を聞いてみてください。
ちなみに・・・「当社の規定で」というのは理由にはなりません。あくまでも保険会社さんは、加害者さんの代理なので保障の範囲内で被害者さんのケガの保障をしなければいけないはずです・・・

手続きその3。
通院したい整骨院の予約を取りましょう。
交通事故のケガであるという事や保険会社さんへ連絡したという事を伝えると手続きがスムーズにいくと思います。

手続きその4。
整骨院に行きましょう!
初めて行くときに、診断書のコピーを持っていくとスムーズです。
ここまで来たら、残りの手続きは整骨院の先生がやってくれますので後は通院して痛みや不調をしっかり改善するだけです!

今回は、交通事故の通院について書いてみました。
交通事故の施術は通常の健康保険とは手続きが異なりますので注意が必要です。
もう一つの注意点としては、交通事故のケガ(加害者がいるケガ)では、基本的に健康保険は使えません。(使うためには事前に加入されている健康保険に許可を取らなければいけません)
さらに、健康保険での施術と交通事故の自賠責保険での施術は内容が全く違います。あまり良い話ではないのですが、施術報酬が倍以上違うので当然内容も比例して違ってきます。その点はしっかり理解して施術をうけましょう。

交通事故に遭ってしまったら、きちんと体を治せるように手続きしましょう

お問合せはこちら

アズ鍼灸整骨院。072-629-0331.ネットでのご予約はこちら
072-029-0331 ネットでのご予約はこちら
TOPへ戻る
..