膝の痛み

  • 膝が痛く、階段の昇降がつらい症状
  • 朝晩になると脚がこわばる事が多い
  • 立ち上がるとき、脚に力が入らない
  • O脚気味で脚を揃えて立とうとすると痛い
  • 正座が出来ない
様々な症状があると言われている関節痛。その中で関節リウマチ、関節炎などは代表的です。

これらの根本的な発生原因を突き止め、痛みと向き合っていくことが、痛みの解決へ繋がります。 大阪・茨木で膝の痛みにお困りの方、骨盤から歪みをとり、膝の負担を軽くする、茨木やまと鍼灸整骨院の施術を是非受けてみてください。

膝関節

筋肉や骨を動かすこと、または支えたりする機能があるのが、膝関節です。

膝の関節に負担が掛かると、関節の軟骨や半月板にも負担が掛かり、更に軟骨の弾力は失われ、変形し、すり減っていくことがあります。軟骨の本来の役割は、膝に掛かる負担を吸収する事です。
軟骨がすり減ってしまうことで、立ち上がることもままならなくなる時があり、階段の上り下りをする際も痛みが発生することがあります。

本来ある関節の位置を調整、筋肉をゆるめたのち、膝を守るための筋肉を強くするために膝に負担がかからないような運動もしていきます。

膝痛とは?

むち打ち症の施術体重を支え、足の動きをコントロールする膝には、常に大きな負荷がかかっています。
膝への負担が長年にわたり蓄積し、その結果、軟骨はすり減り、骨はもろくなります。

これは加齢とともに見られる自然な現象であり、通常はかなり高齢になってから膝に痛みや動きの悪さなどの異常が発生します。死ぬまで何の障害が現れない人もいます。しかし膝への負担を増大させる要因をもつ人は、膝関節を構成する骨・軟骨・筋肉・靭帯といった各組織が傷みやすく、より早い年齢から、より深刻な膝の障害が発生しやすくなります。

膝関節痛の原因

私達の生活の中でも、特によく使われる、膝。年齢を重ねると人は、骨やそれを支える筋肉に衰えが生じます。

これらは膝への負担を生み、それが痛みにも繋がります。膝の痛みの原因には肥満も関係していると言われています。

体重の増加は膝への負担を大きくしてしまうからです。これはO脚の原因ともなります。

これらの悪循環は最も膝痛の中で多いと言われる変形性膝関節症で、その他にも「関節リウマチ」という病気が原因で関節組織に炎症が起こってしまう病気もあります。

変形性膝関節症

年齢を重ねると、その影響で軟骨がすり減ってしまうことがあります。「変形性膝関節症」はこのすり減りが原因で、膝を動かした際に痛みが発生してしまう症状の事を言います。

最初のうちは、膝がだるかったり、耐えられる程度の不快感だけですが、次第に酷くなり、立ち上がることさえままならない状態になる事があります。

特に女性に多く見られがちです。その他、関節の動きを円滑にする、「関節液」という分泌液の過剰分泌が起こることで膝に水がたまり、それがだるさの原因にもなります。

スポーツなどで過剰に膝を駆使してしまうことも、または運動不足で筋力を低下させてしまうことも、両方が膝への負担となります。

茨木やまと鍼灸整骨院によせられた患者様の声

施術の流れ

  • 茨木市茨木やまと鍼灸整骨院受付風景

    受付にて問診票をお渡しします。

  • 茨木市茨木やまと鍼灸整骨院問診風景

    ご記入頂いた問診票を元に、現在のお体の状態をお伺いします。

  • 茨木市茨木やまと鍼灸整骨院施術風景

    患者様の症状に合わせた施術を行います。

  • 茨木市茨木やまと鍼灸整骨院施術後風景

    施術終了です。元気になってお帰りいただきます。

お問合せはこちら

茨木やまと鍼灸整骨院。072-629-0331.ネットでのご予約はこちら
072-029-0331 ネットでのご予約はこちら
TOPへ戻る
..